企業内保育を導入する~時代に合わせたユーズフルサービス~

保育士

味方になる

働く親にとっての強い味方企業内保育

笑顔

企業内保育とは会社や病院などの勤務先の中に保育所があることをいいます。 女性の多い職場である病院内での設置が多く、一般企業でも少しずつではありますが企業内保育を設置しています。 企業内保育の最大のメリットは職場に子供がいることで、子供も親も安心すると言う所です。熱を出したらすぐに駆けつけることもできますし、休憩時間に子供の様子をみに行くこともできます。 企業内保育は企業で行っていること、いわゆる民間の認可外保育所の扱いになります。しかし民間で行っていることから預かり時間に融通がきくことも多く親も安心して預けることができます。 企業内保育は会社内にあるのでスペース的に狭いなど課題はありますが、働く親にとって強い味方になってはいます。

企業内保育について

現在、結婚をし出産をしても働き続ける女性が増えていますが、まだまだ子育てに対する支援は進んでいないという実情は避けては通れない問題です。そこで今、注目を集めている企業による子育て支援の一つとして企業内保育があります。 企業内保育とは企業内あるいは企業近くに子育てをしながら働く従業員のための保育所(託児所)の事で企業としても結婚、出産を期に退職してしまう優秀な人材を手放さずにいられ、従業員にとっても企業内で子供を預かってもらえるという事で近くにいられる安心感やお迎えの時間に追われることが少なく時間を気にせず仕事に集中できると言うメリットがあります。 しかしまだまだ企業内保育を行っている企業は少なく、自治体の待機児童問題から預け先が見つからず退職を選ばざるを得ない女性が多くいることは間違いなく、企業も企業内保育などの子育て支援にもっと真剣に取り組んでいく必要があると思います。