企業内保育を導入する~時代に合わせたユーズフルサービス~

保育士

人材集め

企業内保育拡充は優秀な人材確保の鍵になる

笑顔

企業内保育という言葉が、企業の人事担当者の間でホットなワードとして取り沙汰されています。企業内保育とは、社員の子供たちのうち、小学校入学前の児童を、職場で預かろうというものです。普通は、社員のひとりひとりが、保育園に子供を預けてから会社に出勤してきます。企業内保育では、職場まで子供を連れて出勤してくることになるため、子供と一緒にいる時間が長くなると同時に、保育に要する費用も節約できるようになります。 働きながら子育てをしている女性にとっては、非常に魅力的な福利厚生サービスだと言えるでしょう。 国や地方自治体でも、一定の基準を満たした企業内保育に対して、補助金を交付するなどの支援策を検討しています。企業内保育を積極的に導入することで、優秀な人材を集めやすくなるというメリットを享受できるでしょう。

企業内保育で社員の能力をフル活用

少子高齢化社会が叫ばれる昨今、特に今後の労働力人口の減少が危惧されており、国や自治体ではこうした事態に対処するため、女性の労働力活用を目標に待機児童対策に力を入れているところです。 具体的な待機児童対策としては、保育園の整備が行われているところですが、少し変わった形の保育として注目を集めつつあるのが企業内保育です。企業内保育は文字通り、会社の内部に保育園を開設する取り組みですが、一般的な保育園に比べ各種のメリットがあります。 企業内保育であれば、子どもの送迎と通勤を一体的に行うことができ、時間のロスがありません。また、気になったときに子どもの様子をすぐに確認できるため、安心感があるのです。 企業内保育で女性社員の能力をフル活用できれば、企業にとっても大きなメリットになるのは言うまでもありません。